転職にピッタリ!タクシードライバーの魅力を解説|Career In Pharmacy
HOME>トピックス>転職にピッタリ!タクシードライバーの魅力を解説

今からでも遅くない!タクシードライバーを目指そう

タクシードライバーになりたいと考えているのであれば、第二種運転免許が必要となります。そもそも、第二種運転免許と多くの人たちが取得している第一種運転免許の違いとはなんでしょうか。比較しながら、確認していきましょう。

第一種運転免許と第二種運転免許の違い

第一種運転免許

公道を走っている軽自動車などを運転する際に必要な免許がこの第一種運転免許です。第一種運転免許にも種類があり、普通免許、中型免許、原付免許などが挙げられます。

第二種運転免許

この第二種運転免許は、バスやタクシーなどの旅客目的とした自動車を運転する際に必要となります。第二種運転免許も普通第二種免許や中型第二種免許、大型第二種免許などの種類があります。

タクシー

転職しやすい採用環境

若い人が転職しようとするとき、実力者はもちろんですが将来性を買われて採用されるときもあります。しかし中堅からそれ以上の人だと将来性での採用はかなり難しくなります。全く採用されないわけではないですが、求めている人材とぴったりでないと採用されにくくなります。中堅から中高年の人が安心して転職できる仕事としてタクシードライバーがあり多くの人が応募をしています。人気の理由は経験や実力に関係なく採用されやすい所でしょう。

指揮命令をし合わない

新卒で入社をすれば、上司などからいろいろ教えてもらえます。その後長く勤めるようになると今度は後輩や部下に仕事を教えます。会社組織では何らかの上下関係があり、その中でうまくやりくりしていく必要があります。タクシードライバーも一応先輩後輩があるでしょうし上司と部下の関係もあるかもしれません。ただ一旦ドライバーとして仕事をするようになると指揮命令を受けることもすることも少なくなります。自由に仕事ができます。

歩合給が多い

会社での仕事では必ずしも頑張った分が給料に反映されるわけではありません。タクシードライバーの給料の仕組みは歩合給の割合が高いところが多いです。沢山売り上げを上げればその分給料がアップされるので、やりがいを持って仕事ができます。

広告募集中