デザイナー志望者必見!ポートフォリオであなたの魅力を伝えよう|Career In Pharmacy

あなたのデザインを活かそう

自分の得意分野や好きな事に関する仕事に就きたい、というのはとても素敵なことです。デザイン関係の仕事に就きたいと考えている人は、まず面接で採用担当者がどのようなポイントを重視するか覚えておきましょう。ランキング形式にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

WEBデザイナーの採用担当者が重視するポイントTOP3

no.1

デザインに対する熱意

これは、どの企業に対しても同じことをいえますが、「熱意」はとても重要なポイントです。採用担当者はデザインの仕事に対する熱意を見極めます。あなたの熱意を簡潔かつ、相手に伝わるようにあらかじめ言葉をまとめておきましょう。

no.2

自己分析ができているか

自分の得意不得意、長所や短所などを自己分析ができているかも大切なポイント。自分のデザインがどのような現場で活かせるか問われることもあるので、考えておきましょう。

no.3

会社についてある程度下調べをしているか

社風に合っていない、と採用担当者が感じてしまっては元も子もありません。応募をするにあたって、事前に会社のことを調べておきましょう。

就活は自己PRが大事

デザイン

就職活動や転職活動では、履歴書や職務経歴書などが必要となりますよね。ですが、クリエイティブな職種の場合は、上記に加えてポートフォリオの提出を求められることもあります。ポートフォリオは、自分の学生時代の作品や仕事での商品などを冊子にまとめた作品集のことをいいます。Webデザイナーなどの場合は、実際にHPでネット上に公開したものを志望する会社に見せることもありますが、1ページずつ紙にまとめたものも別に用意するとわかりやすいです。自分の作品を見せることによって、得意なものや実力、やる気をアピールすることができます。会社側も真剣に見るので、ポートフォリオはしっかりと作り込んだものを用意すると良いでしょう。

会社のテイストを見極める

面接

ポートフォリオで自分の得意分野をアピールできるとはいえ、テイストが偏りすぎていたり、変に凝って作り込んでしまうと、かえって逆効果になってしまうこともあります。例えば、可愛らしいファンシーな雰囲気の商品が売りの会社に、ドクロやクールな印象の作品ばかりのポートフォリオを提出したら、会社の人はどう思うでしょうか。きっと「合わない」と思うでしょう。なので、ポートフォリオは会社のテイストによって、少し変えることも必要です。または、あまり偏りすぎずに自分のセンスをアピールすることができれば、それが最善でしょう。

うまく活用しよう

JOB

ポートフォリオは上手に活用すると就職活動の大きな武器となります。面接だけで自分の魅力を伝えるのは難しいですが、ポートフォリオがあると魅力や得意なデザイン、テイストをそのまま伝えることができます。会社の人も入社後のイメージがつきやすくなり、お互いにとって大きなメリットだといえるでしょう。ページ数はあまりペラペラなのも良くないですし、枚数が多すぎても見るのが大変です。何度も見返してちょうど良い枚数で作るようにしましょう。ポートフォリオ自体が自分の作品となるので、手抜きはせずにしっかりと作り込んで、うまく活用できるようにしましょう。

広告募集中